腐ったみかんは俺かお前か?

どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

《記事をお届けします》読者登録ボタンで新作記事が届きます↓↓↓
腐ってるのは私かな?それともあなたかな?
  • 腐ったみかんは私じゃない。君たちだ!!何が正しい何が過ち?まじわかんねぇ未来この先でも信じて歩く家族友達。オラたちは行く風に吹かれ。俺らは行く何に知らねぇ。そうさ。未来は誰にもわからないけど未来を作るのは俺たちだって話。
  • プロポーズから結婚するまで
  • 素敵な料理を食する会
  • 初めてのサイバイバルゲームまとめ
  • 日記みたいなカテゴリー。日記だ。これは日記です。日々を綴っています。こんな私でも勇気と希望を持って生きています。会社は会社のことを考えて言ってきます。全てはあなたの成長のためと嘘をつきます。給料が上がるに越したことはありませんが自分の時間がなくなってしまうのであればもうなんのために働いているかわかりません。プロパガンダされねぇぞ!といいいたい
  • ブログについて語りたいことを語っています。月10万アクセスを目指してます。今は月6万アクセスくらいです。収益はそんなに出ていませんがマネタイズをもうちょいやってみたいのと、アフェリエイトも手を出すべきだと思うので・・・というのも結婚すると決めたがいいが二人そろって低所得者なのでとてもじゃないけど結婚式を上げられません。少しでも家庭の支えに利益が必要と感じたからです。何が悪いかってそりゃあ税金と会社の姿勢でしょ?
  • ディズニーリゾートについて調査したりレビューしたりしています。独自の視点で見てます。実際に行ってます。そこらへんの「ディズニー好きなんです女子」とは格が違います
        1時間くらいはきっちり講演する自信があります。そもそもウォルトディズニーは1901年から1966年の第2次世界大戦をまるまる越えてきた人なんですその時代をディズニースタジオを設立新しい手法を次から次に生み出す研究者・・・・
  • オススメスポットはこちら。意外と知らない地元の場所。もしくはイベント会場。まだまだ知らない事ばかり。いかに自分の生活しているか空間か生きている空間の狭さがわかる。日本だけでもこんなにもたくさんの人が住んでいていろいろ考えていろいろしているわけ。あなたも1億2千万人のうちの一人。108万人で日本人口の1%でしかない。たぶんおれたちの生きてる世界は日本の1%ともきっと見ていない。楽しもうぜ!日本!!ほんでたまにいこうぜ!!世界!!
  • クリスマス、誕生日、父の日、母の日、バレンタインデー、ホワイトデー、オカマデー、プロポーズ、子供の日、高齢者へのプレゼントなどなど人生においてプレゼントすることは本当に多い。アマゾンの商品1億点から厳選されたちょっとおもしろい、ちょっとおかしい商品から、変化球の商品までいろいろ取り揃えております。覗いていって!!
  • 作者やこのブログについてのプロフィール的なことです。作者のプライベートや人生経験も記載しています。ぜひ、興味を持ってね。うん。興味をもってね。ほらっ!!はようクリックして!!ほれ!!はようはよう!!

仲直りのケーキを持ってきた女~グラマシーニューヨーク【モンブラン】~

読者登録してもらえると最新の記事が届きます。読者登録してね☆励みになります。元気がでます。僕頑張れます。よろしくお願いいたします。

※こちらの記事は本人より許可をいただいております。

 

日本の人口は億2708万3千人。

 

その中で男女比は96が男性なら100が女性。

 

つまり日本の人口では女性の方が多いのだ。

 

そんなこんなで出会った二人が終わりを迎えようとしている。

 

 

僕はどうしても許せない。

 

 

僕はこの女がどうしても許せなかったんだ。

 

 

僕が深夜に仕事が終わるのを知っていて、そこから迎えに来いというのだ。

 

しかも着替えるところがあるのか?とか聞いてくるワケだ。

 

僕はホテルマンでもなければ料金をいただいてるワケでもない。

 

腹が立った。

 

 

あまりにも腹が立ち過ぎて、途中まで行ったけど、やっぱり引き返した。

 

なぜ私だけこんなに苦しい思いをしなければならないのか?

 

 

前々からボクは楽しみにしていたのだ。分刻みで計画をしていたのにこの女はそんなこともつゆ知らず、いけしゃーしゃ―というわけだ。

 

 

そんなこんなでもう連絡を取らなくなった。

 

 

 

 

そうこうして10日が過ぎたころ、女が来た。

 

 

仲直りにケーキを持ってきた。

 

 

高いケーキだという。

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141746j:plain

まぁ。甘いもの好きなので、ちょっと嬉しいかったりしたので、私の怒りは収まりつつあったが、それでも甘いもので釣ろうという魂胆が許せなかった。

 

 

高い?

 

 

高いと言ってもたかだかケーキだ。

 

 

1個700~800円?いや600円~500円?

聞けば聞くほ一番初めに提示した金額より下がっていく。

 

 

 

いったいどんなケーキなんだって話だ。

 

 

 

 

 

女は自慢げにケーキ屋の名前を挙げた。

 

 

 

グラマシーニューヨークだ。

www.gramercy-newyork.com

 

 

ケーキでは名のある有名なお店だそうで、おいしいんだって。

 

 

私がモンブランを愛する男だということを知っているので、

 

 

もちろん「モンブランを買ってきた」とかいうわけです。

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141739p:plain

 

 

このケーキで二人の関係を修復しよう。

 

 

 

そう言うと女はケーキを箱から嬉しそうに取り出した。

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141746j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141744j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141743j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141742j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141741j:plain

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141739p:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20160622141740j:plain

 

 

二人の関係を表すようなケーキでした。

 

おわり(いろんな意味で)