腐ったみかんは俺かお前か?

どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

《記事をお届けします》読者登録ボタンで新作記事が届きます↓↓↓

最高に美味しいローストビーフ丼の作り方

読者登録してもらえると最新の記事が届きます。読者登録してね☆励みになります。元気がでます。僕頑張れます。よろしくお願いいたします。

みなさん。

この度、ワタクシ、誕生日の前日となりましたよぉぉぉーーー!!

今年はコロナの影響でどこにも行けない&結構休みが多くなっております。

毎年なにかしら試行錯誤してくれる相方。感謝!LOVE!

 

嫁さんが誕生日プレゼントとして料理に腕を振るってくれました。

※この記事は誕生日の前日の話です。

 

それがローストビーフ丼です。

f:id:camelstation:20200522014242j:plain

もうめっちゃくちゃ美味しいかったんです。作ってくれた料理ベスト3?いやいやこれは記憶に残るほど美味しいかったので、レシピを聞きました。

かなり時間を要したようです。それでは見てみましょう。

※この記事の作成にあたり本人の許可を得ております。

 

料理の基本は素材集めにある

この日、ローストビーフという誕生日の前日と、次の日の誕生日のためにサプライズ料理をしようと、買い物に行くわけです。そうです。嫁氏、私のために料理の腕を振るうというわけです。

気合が入っております。旦那が帰って前にサプライズ料理的なのを考えているわけです。

しかしながら嫁氏にはいつものスーパー以外に行く足がありません。

交通ルートが悪い地域に住んでいるのです。いったいどうすればいいんでしょうか?

旦那は車で仕事に言っております。

嫁氏考えて考えて考えた結果タクシーを使うという答えを導きました。

 

野菜やお肉をちゃんとした店で購入したい

料理と言えば、素材です。

スーパーではないんです。スーパーでは手に入らない新鮮な野菜を手に入れたい。

肉屋さんでお肉が買いたい。いつもと違う店で購入するのです。

いつでも格安スーパーへ喜んで行く旦那にもう少しいいお肉を食べてほしいんです。

200円300円の肉ではない、ちゃんと?した肉を食べてほしいのです。

旦那に喜んでもらいたいとタクシーに乗って職場に隣接している野菜屋さんまでタクシーを走らせました。

 

タクシーの運転手と仲良くなる

f:id:camelstation:20200522013244j:plain

嫁氏、どういうわけかよく人と仲良くなる傾向があるわけです。

これは私の分析によると、仲良い×心配〇されているのではないかと推測しています。

ちょっとわからないけど今回もタクシーの運転手と仲良くなった模様。

タクシー内で永遠と私の誕生日の料理についてお話をしてたり、タクシー運転手さんのコロナ苦労話を親身になって聞いてたりすると仲良くなったそうです。

嫁氏のワールド全開になると登場人物が全員お花畑が咲き乱れることになります。

 

野菜屋さんにつきました。

f:id:camelstation:20200522013259j:plain

本来だとここでタクシーの運転手さんと別れて、また呼ぶか何かしらするところなんですが、このタクシー運転手さん。なんとこのまま待ってるくれるとのことです。

もうお花畑に迷いこんでしまったのかぁぁ!!?しっかりしろよおい!!

 

「買い物にかかるのは10分くらいでしょう?メーター止めて待ってますよ」

 

「まぁ嬉しい。その反面申し訳ないww」

 

嫁氏!急いで買い物にいきます。

f:id:camelstation:20200522013255j:plain

購入するものはすべてメモをして持ってきています。

用意周到です。抜け目がありません。今回は誕生日なのです。本気です。

 

「急いで購入しなくっちゃw」

 

そういう嫁氏の前に無情にも現実がつきささります。

 

「あ、あれぇー??」

 

なんとお店は閉まっておりましたぁぁぁー!

木曜日は定休日なのです。なんということでしょう。

最高の料理を作ろうと走った結果、まさかのクローズ。おかしい。職場の隣のお店だから毎日みてるんじゃなかったのか?

 

がっくりと肩を落とした嫁氏

f:id:camelstation:20200522013247j:plain

10分どころか1分でタクシーの運転手と出会うことになります。

 

「ごめんね。休みなのわからなくてごめんね。」

 

なぜかタクシー運転手に謝られております。なんでだよ?

 

肉屋へ向かう

野菜はあきらめて、肉屋さんへ向かいます。

肉屋さんでもタクシーの運転手は当たり前のように待ってくれます。

もう運転手です。このタクシーは嫁氏専属の運転手として待機してくれます。

待ち時間はもちろんメーターは動きません。「よし」というまで待機します。どういう関係?

 

ローストビーフを作るためのお肉を探します。

f:id:camelstation:20200522013505j:plain

しかし、普段肉屋さんに入らない嫁氏。どうも緊張して店員に声をかけることができません。

 

「何にしましょうか?」

 

見渡してもローストビーフにするようのお肉が見当たりません。

だけどここまできて何も頼まないワケにもいきません。

 

「ぶ、豚肉を・・・」

 

おおーっとここで、豚肉を買いに来たわけではないのに、豚肉と言ってしました嫁氏。ローストビーフから違う料理に変更されてしまうのかぁー?

 

注文を受けたので奥で豚肉の筋斬りが行われています。

 

が、その時!!

 

あぁーっとそのとき店員の手に探していた肉片がぁぁぁっぁー!!

「あっ!!その、ローストビーフ作りたくて・・・」

 

「もう筋斬っちゃったよー」

 

こうして購入予定ではなかった豚肉と、肉塊を手にいました。

 

タクシーの運転手も「よかったね。」と、ほっと肩をなでおろしたように見えます。

 

そうしてやっとのことで帰ってきた嫁選手。

f:id:camelstation:20200522013655j:plain

▲疲労困憊のハトです

ついに調理にかかります。

 

 

こうして完成したのがこちら!!!

f:id:camelstation:20200516165238j:plain

ローストビーフです!!肉屋さんで3000円で購入したお肉です。

 

フライパンで全面部を焼いて、袋に入れて弱火で湯煎します。

 

f:id:camelstation:20200516165234j:plain

こうして、。

 

 

f:id:camelstation:20200516165245j:plain

こうして

 

 

 

 

f:id:camelstation:20200516165241j:plain

こうなりました。

 

 

 

正直言いまして

マジで本当にくっそ美味しいかったので記録として記事にいたしました。

ありがとうございます。嫁氏。ありがとうございます。

ゴールです。一等賞です。

 

ローストビーフ丼ぶり初めて食べましたけど本当に美味しかったです。

感謝感激でざいます。嫁氏も満足そうでした。

 

是非、またお願いします。

 

 

嫁氏いわく

高いお肉はおいしいんだよ!

 

とのことでした。

 

みなさんも是非ローストビーフ丼ぶりを作ってみましょう。

 

 

 

 

おわり(あれ?なんの話だったっけ??