腐ったみかんは俺かお前か?

どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

《記事をお届けします》読者登録ボタンで新作記事が届きます↓↓↓
腐ってるのは私かな?それともあなたかな?
  • 腐ったみかんは私じゃない。君たちだ!!何が正しい何が過ち?まじわかんねぇ未来この先でも信じて歩く家族友達。オラたちは行く風に吹かれ。俺らは行く何に知らねぇ。そうさ。未来は誰にもわからないけど未来を作るのは俺たちだって話。
  • プロポーズから結婚するまで
  • 素敵な料理を食する会
  • 初めてのサイバイバルゲームまとめ
  • 日記みたいなカテゴリー。日記だ。これは日記です。日々を綴っています。こんな私でも勇気と希望を持って生きています。会社は会社のことを考えて言ってきます。全てはあなたの成長のためと嘘をつきます。給料が上がるに越したことはありませんが自分の時間がなくなってしまうのであればもうなんのために働いているかわかりません。プロパガンダされねぇぞ!といいいたい
  • ブログについて語りたいことを語っています。月10万アクセスを目指してます。今は月6万アクセスくらいです。収益はそんなに出ていませんがマネタイズをもうちょいやってみたいのと、アフェリエイトも手を出すべきだと思うので・・・というのも結婚すると決めたがいいが二人そろって低所得者なのでとてもじゃないけど結婚式を上げられません。少しでも家庭の支えに利益が必要と感じたからです。何が悪いかってそりゃあ税金と会社の姿勢でしょ?
  • ディズニーリゾートについて調査したりレビューしたりしています。独自の視点で見てます。実際に行ってます。そこらへんの「ディズニー好きなんです女子」とは格が違います
        1時間くらいはきっちり講演する自信があります。そもそもウォルトディズニーは1901年から1966年の第2次世界大戦をまるまる越えてきた人なんですその時代をディズニースタジオを設立新しい手法を次から次に生み出す研究者・・・・
  • オススメスポットはこちら。意外と知らない地元の場所。もしくはイベント会場。まだまだ知らない事ばかり。いかに自分の生活しているか空間か生きている空間の狭さがわかる。日本だけでもこんなにもたくさんの人が住んでいていろいろ考えていろいろしているわけ。あなたも1億2千万人のうちの一人。108万人で日本人口の1%でしかない。たぶんおれたちの生きてる世界は日本の1%ともきっと見ていない。楽しもうぜ!日本!!ほんでたまにいこうぜ!!世界!!
  • クリスマス、誕生日、父の日、母の日、バレンタインデー、ホワイトデー、オカマデー、プロポーズ、子供の日、高齢者へのプレゼントなどなど人生においてプレゼントすることは本当に多い。アマゾンの商品1億点から厳選されたちょっとおもしろい、ちょっとおかしい商品から、変化球の商品までいろいろ取り揃えております。覗いていって!!
  • 作者やこのブログについてのプロフィール的なことです。作者のプライベートや人生経験も記載しています。ぜひ、興味を持ってね。うん。興味をもってね。ほらっ!!はようクリックして!!ほれ!!はようはよう!!

好きだったクリスマスが嫌いになった日

読者登録してもらえると最新の記事が届きます。読者登録してね☆励みになります。元気がでます。僕頑張れます。よろしくお願いいたします。

 

クリスマス。

 

f:id:camelstation:20171225224127j:plain

それは私にとって、サンタクロースがプレゼントをくれる貴重な日。

1年間で誕生日の次に好きな日。それがクリスマスの日だった。

妹弟の多い家系の長女に産まれた私にとって、プレゼントがもらえる素敵な日。

赤い服を着て白いヒゲのおじさんがプレゼントを持ってきてくれる。

 

夜寝て、朝起きるとほしかったプレゼントが枕元においてある。

f:id:camelstation:20171225224227j:plain

あぁ・・なんて素敵な日なんだろう。

 

 

私はクリスマスが好きなんだ。

妹弟もみんな喜ぶ、笑顔で溢れる日なのだ。

 

f:id:camelstation:20171225223628j:plain

そして今年もクリスマスが来た。

私たち妹弟はウキウキしているし、私もウキウキしている。

この時、私の妹弟は私を含めて4妹弟。

 

 

笑顔で溢れる日に母に連れられてトイザらスにいる。

 

母は口を開いた

「こっから選びぃー」

 

え?どういうこと?

私は母に言いました。

「いや、いいよ。サンタさんからもらうから、いいよいいよ。」

 

「何言ってんの?サンタはいないよ。あれは私だよ。」

f:id:camelstation:20171225223801j:plain

 

「ここからここまでですきなやつえらびー」

 

妹たちと戸惑いながら衝撃的な事実を伝えられた。

ショックを受け止める暇もなく、「今」「この」「タイミングを逃すとプレゼントがもらえなくなる」という恐怖から私は一生懸命自分のプレゼントをトイザらスの一角から探した。

 


 

妹、弟も探している。おかしい。プレゼントってもっと笑顔なものではなかったのか。

必死の形相を妹弟がしている。きっと私もそうだったに違いない。

あれ?あれ?サンタクロースが母?あれ?え?

f:id:camelstation:20171225223801j:plain


 

やっとのことでプレゼント(自分の)を選び、母の元へ持って行った。

 

「あんた考えや!」

 

ダメだった。何がダメなのかはわからないが、母は私に考えろという。

今日はクリスマス。サンタクロース。プレゼント。

※母は金銭面を考えて選びと言ってる

 

「よく考えて選び!」

 

f:id:camelstation:20171225224158j:plain


 

プレゼント(になる予定だった)を棚に戻し、私は考えた。

 

サンタクロース、クリスマス、世間はにぎわいムード。

子供だって大人だってなにかドキドキワクワクなんだ。

あれ?あれ?

 

何を考えろというの?

 

私は長女なのだ。妹2人、弟1人。※この時は。のちに+7人増えることになる

 

「早し、早くしー」

 

うう(´;ω;`)ウッ…

 

なぜプレゼントを選ぶのにせかされなければならないのか。

 

しかし、急がないとたぶんなくなってしまう。唯一のプレゼントがなくなってしまう。

母は待ってくれないのだ。よくわかっている。もうなんでもいい。

何かもらえるだけよかったと思えるだろう。

f:id:camelstation:20171225225108j:plain

 

 

よくわからないままそこらへんにあるプレゼントを持って母のもとへ持って行った。

 

一体何を選んだのかもう覚えていないけど、サンタがいないのを知ったのがトイザらスで、毎年楽しみにしていたのに・・・いろいろショックすぎて辛い。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今、彼と結婚指輪を選びながらあの日のことを思いだしているんだけど・・・

 

あの日以来私にはサンタクロースは来なくなった。

あの日私は大人になったのだ。サンタクロースはいない。プレゼントは母が買ってきた。プレゼントに中古のシールが貼ってた日もある。

それでも私が高校生になっても毎年クリスマスプレゼントをくれる母は好きだった。

今年は母に何か買ってあげよう。そんな気持ちだった。

f:id:camelstation:20171225225005j:plain


 

 

 

 

そんな母からラインが今年きた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私よりも年下の彼氏ができたらしい。

f:id:camelstation:20171225223941j:plain

メリークリスマス

おわり