腐ったみかんは俺かお前か

腐ったみかんは俺かお前か?

世の中腐っている。いや私か?私が腐っているのか?え?お前か?お前が腐っているのか?どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

【PR】コスプレイベント記事を書いたので見てほしい

はじめて1万文字以上の記事を書いたので見てほしい。

そしてみんな湯村温泉に集まってほしいのです。

2017年6月11日に行われた湯村温泉

「全日本かくれんぼ大会2017」

www.machiota.com

「全日本かくれんぼ大会2016」はこちら

www.machiota.com

 

ぜひともよろしくお願いいたします。

 

おわり

【教えてあげるよ!】とくしま宍喰オープンウォータースイムとは何だったのか。

諸君!!諸君!!!

さぁー!!皆様ご謙遜かな?

 

社畜祭りな日々に終始は打てないが、ありあまるパワーを出さずにはいられない。

行動力がウリの腐ったみかんは俺ではない方の腐ったみかんです。

 

みんなぁー!!ヤッホーぉー!!6月だよぉー!!

 

 

 

今日は「とくしま宍喰オープンウォータースイム」に行ってきたので話をまとめるよ。

いかに海で泳ぐ水泳が楽しいかみんなに知ってほしいんだ!だ!!

 ハイテンションでお届けするよ!!この記事は休日に書いているんだけど電話が会社がからかかってくるよ。休みだよ!!「どうなってるんですか?」どうもなってねぇーよ!!

 

とくしま宍喰OWSどうでしたか?

としま宍喰OWSとは?

Pacific Coast Endurance Challenge

2017年5月28日(日)に徳島県の最南端、海部郡海陽町宍喰(ししくい)地区にて「とくしま宍喰オープンウォータースイム2017(第五回)」を開催します!宍喰地区は黒潮薫る南国の海と、複雑に入り組んだ海岸線が魅力の地域です。今回も竹ケ島海中公園をレースフィールドとして開催。熱帯魚や珊瑚が多く生息している海域ですので楽しく泳いでいただけます。このエリアでのスイムレースをとおして、オープンウォータースイミングの魅力をぜひお楽しみください!

徳島県の下の方にある竹ケ島がその開催地。

島を泳ぐと聞けば参加しないワケにはいかないわけ。

島からスタートしてぐるっと近くの島をいくつか周って戻ってくる。

すんげぇーおもしろそうなコースなんだ!!

競技の内容はどんなものなの?

1.競技内容:指定コースでのタイムレース

2.カテゴリー:①3㎞男子、②3㎞女子、③1.5㎞男子、④1.5㎞女子

3.装備品について:
・体温低下と怪我の防止のためウェットスーツ着用を推奨(自己責任。ウェットスーツをお持ちでない方はご相談ください)。
エマージェンシーフロートの装備も推奨。
・スタートゴール付近は貝などで足を切る可能性があるので、マリンブーツの着用も推奨。
※宍喰地区の5月の平均気温:19.2℃、平均海水温度:20.5℃

3.ゴール制限:なし(但し明らかに遅れている場合は審判の判断で終了してもらうことがあります)

4.計測:ICチップによる自動計測(完泳証即時発行)

5.順位:男女各々1位~3位を表彰

6.中止について:アウトドアスポーツの特性上、コース変更やコンディションの理由により中止になることがあります。前日夕方17時の天気予報で開催可否の判断をし、大会ホームページにて告知します。また予定どおり開催していても天候の急変などを理由に中止にすることがあります。中止の場合でもエントリー費の返却はできませんので、ご了承ください。

もちろん参加するのは3kmのレース。やるしかない!!ああそうともやるしかないんだ!!泳ぎ切って見せる。ゴールの見えない仕事、未来、結婚、なんにも見えないけど泳ぐしかない。「泳げタイヤキ君」だって最後は食べられてしまうと知らずに海に逃げ込んだのだからな。同じ毎日が嫌になってな。

アレ?なんか話が僕と似ている

コースがなんかやべぇーぜ!

f:id:camelstation:20170605174613j:plain

青色が3kmのコース。

なんだこれどうなっているんだ?島があちこちにあってそこを縫うように泳ぐわけ。

おもしろいじゃないか!やってやろうじゃないか!?

社畜のタイヤキ君がやってやろうじゃないか!?って話だよコンチクショォォー!!

 

現場に行ってきました!!

f:id:camelstation:20170605174833j:plain

徳島県の海部郡海陽町宍喰町。(すんげぇー名前)の海洋センターがスタート地点。

ここはサーフィンとかシーカヤックとかの名所らしい。

この日もサーフィンしている人もたくさんいた。

大丈夫?波が高くない??

f:id:camelstation:20170605174839j:plain f:id:camelstation:20170605174840j:plain

受付を終えると番号を書かれました。

いよいよスタートしてやるぜ!!ひゃっはぁぁー!!

 

スタート地点からの写真はこちら 

f:id:camelstation:20170605174856j:plain

スタート地点はこちらです。

 

f:id:camelstation:20170605174901j:plain

スタート前にあの看板にタッチして登録する。

フィニッシュ時もあの看板にタッチしてタイムを計測するワケです。

スタートやっておかないとマイクで呼び出しされます。

 

 

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

みんな真剣にルートの確認をするんだけど、ずっと向こうの島を周るのでここから全然見えない。なにこれ超不安。道わからないし、あきらかに波が高い。

 

 

レースに参加する前に要チェックやで!!

 ウェットスーツって必要なの??

そうですね。必要な理由は2つあります。

5月開催なんで寒い

5月なんですよね。気温が低い!!低いんです。

f:id:camelstation:20170605174830p:plain

開催時の気温はこんな感じ。レースは9時スタートなんですが、9時の気温は17度。

水温は20度くらい。

ちなみに一般のプールは32度とかなのでめっちゃ寒い。

銭湯の水風呂で18度なんですよね。めっちゃ冷たいから気を付けて!!

 

ウェットスーツ買いました

そして手に入れたのがこちら。レースのためにウェットスーツをアマゾンで買いました!!

安かったんです!!1万円以内で手に入ります。

 

 

でもちょっと待てやゴルアァー( ゚Д゚)

この商品はサーフ用です。

なんていうの、分厚すぎるので要注意や!!

いろいろと検証したけど、このスーツは泳ぐには適さないのでやめた方がいい。

f:id:camelstation:20170605174915j:plain

ここが適正ではない。

☑分厚すぎて手が回らない(致命的

☑分厚いため浮きすぎて泳げない(致命的

☑首元が圧迫されて呼吸が苦しい(致命的

つまり、ウォータースイムとかめっちゃカラダを動かすものには適正ではないと判断したので、他のを借りました。

それがこちら↓ 

f:id:camelstation:20170605174914j:plain

Marvyのウェットスーツこれが無難ならしい。

でもアマゾンにはありませんでした。

http://www.surf-reps.com/other/wetsuits_catalog/

☑薄い。

☑腕が回る

☑浮く

レンタルでもうこの際借りました。

でも結果的に本当によかった。前のウェットスーツだと完泳できるかどうかも不安だったからね。全然よかった。トレーニングスーツみたいな感じだったからこっちのスーツは超いい感じ。

参加者のウェットスーツの割合は9対1でした。

※9がウェットスーツ、1が水着のみ。

 

ここからはレースの感想行くよぉぉー!!

3kmのレース。だいたい1時間ですべての決着がつくレース。

3kmといえば25mのプールを60往復でクリアできる。

50mを1分のサークルぐらいが目安だろう。

 

 

まずは大乱闘のスタート地点。 

f:id:camelstation:20170605174941j:plain

※写真は1.5kmの時のものです。

スタートラインがかない曖昧でスタートします。

コースの形から結構ぶつかります。

はじめのスタートで接触したくない人は後ろからスタートが無難。

f:id:camelstation:20170605174945j:plain

※イメージ図(1.5㎞レースの写真です)

私はめっちゃ背中に乗られたり顔を殴られたりしました。

とんでもねぇー!!てめぇらとんでもねぇよ!!

途中の直進は岩に気を付けて!!

 

 

大きく島を周る。

f:id:camelstation:20170605212537p:image

目印があると泳ぎやすいというけど・・・・

波が結構高くてすぐに見失ってしまう。

それに海の中には奴らがいるんだ。

私はそいつらが嫌いで嫌いでとにかく逃げる。

視界に入ったらとにかく離れる。そうして海を泳いでいたよ。

↓こんなルートなのよ。とんでもないよね。 f:id:camelstation:20170605212538j:image

浅瀬で藻に絡まるから気を付けて

f:id:camelstation:20170605212427j:image

中盤からは大きく島を周ってターン後に訪れる。

それは波もほとんどなくて快適な空間だった。

でも・・・・

浅すぎる( ゚Д゚)

バタ足でも足が藻に絡まるほどの浅瀬だ。コースをもっと外側にとって入れば問題はなかったのかもしれないけど、とにかく浅い。

こんなに浅いところ泳ぐの?っていうぐらい。浅い+藻が襲ってくる。

 

行きもよいよいではないし帰りもよいよいではない

行きに感じた高い波は帰りには加速してくれそうなもんだけど・・・・

全然前に進まねぇぇぇー!!

このピチピチピンチの私が全力を出しても全然進まない。

そんな状態が一番最後に続きます。

もはや泳いでも浮かんでもなかなか進みぐあいはかわらないように感じる。

 

クラゲの生殖地で行きも帰りも地獄

 f:id:camelstation:20170605213434j:image

もっとも恐ろしいのはクラゲ。

そう。クラゲ。

オープンウォーターは天候に大きく左右される。

そして自然の影響が大きく反映されるんだよね。

ええ。クラゲ大繁殖だったんだ。

ちょっとやそっとならよけられるよ。

平泳ぎでもいいわけなんで。だいたいこれでよけられるんだけ。

 

そんなレベルではないクラゲの大群があったんだ。

 悪夢すぎたんだよね。

 

よけられないぐらいの360度、深さ8mぐらいまでビッシリくらげが詰まってたんだよぉぉー(叫び

クロールであの中に手を突っ込んで左右にクラゲをわけたり、ガッシリつかんで投げたり、平泳ぎで両腕をあのクラゲの中に突っ込んだり、本気でやばい。

人生の中であんなに恐ろしいのはトップ5くらいに入りそう。

※NO1は雪崩事故

【体験談】雪崩にあった話 - 腐ったみかんは俺かお前か?

 

そんなこんなで 

 1時間10分でゴールすることができました。

 

まとめ

とてもおもしろいコースだと思います。

始めて泳ぎましたが、浅瀬な熱帯魚が泳いでいるし、とても美しい。

f:id:camelstation:20170605213447j:image

途中途中で大きな岩があったり、浅いところはとにかく浅いし、すんごいおもしろい。

っていうか死にかけた。

クラゲの大群は本当に泣いた。叫んだ。棄権しようと思ったくらいのクラゲだった。

あんなにクラゲをつかむことはもう二度とないことを願いたい。

恐ろしい。いまだにうなされるレベルの怖さだ。

ウェットスーツのない人たちはよく超えられたなと本当に思う。

あぁー怖い。あぁぁぁぁああああああーーーークラゲ怖い。

クラゲを平泳ぎで真っ二つにした感触が怖い・・・・あぁあ・・・

 

クラゲの障害物レースがこの宍喰オープンウォーターだった。

来年参加を考えている人はクラゲが怖いからウェットスーツはやはり着用したほうがいいよ★

 

 

 

おわり(クラゲ怖いガクガクブルブル( ゚Д゚)

 

 

 

 

 f:id:camelstation:20170605212516p:image

ご愛読ありがとうございました。

 

 

前回のレースは島から島へを泳いで渡るレースだったんさ!!

 

www.rottenmeoryou.com

 

 

www.rottenmeoryou.com

www.rottenmeoryou.com

 

【新社会人に伝えたい】希望を持って生きて痛い

2017年のうちの半分を超えようとしておりますが、会社人の皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 新入社員のみんなもそろそろ職場の雰囲気には慣れてきたころではないだろうか。

毎日同じ道を歩いて、同じ道で家に帰る。

会社からの電話やラインにおびえる日々はもう訪れただろうか?

そうして1年、3年、5年、10年と突き進んできた僕です。

 

僕はもう嫌になったんだ。僕は毎日同じ道を歩いて戻って、同じ穴のムジナたちと同じような話をして、「上司から部長になるためには」の講義を受け続けるのが嫌になったんだ。世界はこんなもんじゃないし、生きるって仕事することではない。この世界を生きることなのだ。社会を生き残ることじゃない。

 

「いったいなんのためにこの世に私は存在しているのか?見たことのない世界を見たい!世界の秘密を知るんだ!!」

そう思い、日常にあふれる社畜の日々から抜け出し靴の踵を鳴らしてサンライズを探しに来た。

 

 

 

 

 

 

f:id:camelstation:20170602103224j:plain

島。ここにきた理由。

 

うわさ話を聞いたんだ。

 

ずっと昔のその昔、殿様も天晴といったそれはそれは美しい日本庭園があったそうだ。

 

 

それがここにある。

f:id:camelstation:20170602113601j:plain

※イメージ図です 

 

大阪から4時間以上はかかっただろう。

 

誰も見たことのない景色を目指して、自分を生まれ変わろうと探した。

道行く人々、交差する人生のようにクロスワードを何度も繰り返し情報を集めた。

そして僕はたどり着いたんだ。 

 f:id:camelstation:20170602112607j:image

重い扉を開き、先へ進む。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「希望」

それは会社に属した人間が捕らわれる言葉。

 

「自分が会社を変えてやる」

そういう奴もいただろう。

「誰よりも先に昇進昇格して上がってやる」

がんばる奴もいた。

「立場が変われば見え方が変わる。早くこっちにこい」

私に話してくれた上司もいた。

 

それはきっと唯一会社の組織人として歯を食いしばってでも縋り付く、わずかな希望なのかもしれない。

でも池上アキラ100%がそういえば言ってたな。

「日本の義務教育は仕事ができるようになる、といった勉強をせず、会社に入って会社で働けるように会社が勉強させて会社で働かせる。つまり会社に洗脳されるようにつくられている」みたいなことを言ってたような気がするって、うちの隣の奥さんが言ってた。

 

もしかしたら、そのわずかな「希望」ですら「罠」なのかもしれない。

それでも僕たちはそれを信じて、ここではないどこかを目指すのだろう。

 

 

でも、その「希望」の答えは

 

 

 f:id:camelstation:20170602112635j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602112525j:image

 

 

 

f:id:camelstation:20170602112702j:imageほほう・・・これが古来から伝わる美しい日本庭園かぁー

 

 

 

 

 

 

 

 

「希望」とは一体なんなんだろう。

人によってはそれはサムシング。「何か」だと言う。

その何かってきっと何かだ。何かよくわからない。それを人はずっと探し続けているのかもしれない。

いつでも何を達成することを目標に会社が動いている。大きな目標、小さな目標。

大きな目標がだめだとわかると小さい目標に変更を大きな目標に近づけようとする。

PDCAサイクル。計画し、実行し、確認し、行動へ。何度も何度も繰り返した。

私の前の人間もやってきたことを次の人も同じことを繰り返す。何度も何度も。

その先にはあなたの成長があるから。次の人がそれで助かるから。会社が成長するから。結果はでなくても・・・・・・・。 

 なにを手に入れることはできたのかもしれない。何か。

何ななんて恐ろしい言葉だ。何かなんて何もない。それこそ誰もがもっているサムシングだ。やめとけ。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

僕は探し続けている。

この場所の付近、海にそれはあるらしく、あちこちでその「何か」の場所を聞いた。

どうすれば見れるのか、どうすれば会えるのか、その「何か」はわずかな「希望」だ。

わずかな希望は一筋の光をいつでも魅せ、僕たちを魅了し誘惑し、判断を狂わせ、人生を狂わせる。

それでも信じずにはいられない。それが人間の性というものだろう。

 

「この道は危険だ。マムシが出る。やめたほうがいい。」

 

ときに道はお金で決まるときがある。

僕にはチャーター船をするほどの財力もない。

お金がない。は、時に命を削るときがある。

命を削ってでも働かなければならない。

誰かを守るため、誰かを愛するため。

そう暗示することで次の一歩を踏み出せる。

それでもそれには価値がある。

そう信じている。それはやはり希望なのだ。

一億年前。それは世界に2ヵ所にしか確認されていない奇跡の岩。

一億年前の地層。螺巌岩だ。

誰もみたことのないその希望を見れば、きっと僕の人生も変わるんじゃないかって。

そして僕は歩いた。マムシの出る道を。

誰も踏み込まない道を。

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602113156j:image

薄暗く、明らかにあまり人がふみこまない道。

その希望の先は

 

 

 

 

 

 

 

辛く

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602113105j:image

時に予想を超える。

山中に鳥居が現れる。怖すぎる。 

 

 

 

f:id:camelstation:20170602113131j:image

いくら怖くても、恐ろしくても、つらくても前に進む以外はない。

それが会社ってもんだ。後ろの部下に情けない姿を見せるワケにはいかない。

そう洗脳されているのかもしれない。。

 

 

心臓をつかまれそうな気持でくぐった。

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602113048j:image

恐ろしいすぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602113028j:image

それでもその先に希望があると信じて、

みんな先に進むのだろう。

 f:id:camelstation:20170602112957j:image

 

その先には

 

 

 

 

 f:id:camelstation:20170602112925j:image

遠くを見渡せる灯台があった。

 

 

 

ここから一億年前の螺巌石が見えるのだという。

僕は命を張り、ここまできたんだ。

辛く険しい道だった。時間もかかった。体力も精神も使った。

きっと会社でも上を目指すというのはそういうことなのだろう。

のぼりつめたその時、きっと周りの景色は今見る景色とは違うのだろうな。

 

 

 

 

f:id:camelstation:20170602112859j:image 

うつくしい世界が・・・・

 

 

 

 

そこにはサムシングも希望も何も見えなかった。

苦労して、苦労して、汗を流し、誰もやらないようなことをしても、そこには何もなかった。木々と草がぼぼぼーぼぼーぼぼー

誰かに話しを聞き、それを信じても、その先には何もなかったんだ。

なんのために何をしたんだろうか。

ラガンの力をなめるなよー!!

もしかしたら昇進して上にのぼるっていうのはこういう事なのではないだろか。

様々な経験をし、昇進やこれからのためという言葉をちらつかされて、毎日駐車場の掃除やトイレ掃除をしているのはそういうことではないのだろうか。うんこーうんこうんこ 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

「希望」

お金がない。お金がない。

お金がないが故に仕事をするんだろうか。

お金がない。は判断を鈍らせてしまう。

お金がないは危険を伴う。

きっと僕はお金があれば辛い思いをせずにチャーター船で行っただろう。

楽な道が他にあるはずだし、楽を選んではいけないということもないのだ。

残業、残業、残業してるから偉いのか?残業ってそんなに重要か?

仕事が遅い?いや、仕事の質が悪いから無駄な残業をするはめになるんじゃないのか?

その残業は仕事の残業ではなく上司に気に入られるための残業。

僕もそういうものにすがりついて進んできた時期もある。

でもなかったんだ。辛いしんどい思いをして、希望に縋り付いたけど、その先には何もなかった。

 

誰もいない神社で僕は空を見た。

もう僕は30代だ。人生の三分の一の純情な感情を終えている。

 

いったいなんだったのだろうか。

いつも自問自答を繰り替えす単調な日々の中、かすかに見える希望と信じて前に進めどその先には「特に何もない」そういうことか。

 

 

 

 

 

 

名も知らない神社で僕は何もない空間を見ていた。

f:id:camelstation:20170605015634p:image

静まり返った島。

たくさんの伝説

あれ・・ 

 

 

まさか・・・・

ここは・・・・・

 

f:id:camelstation:20170605015642j:image

そういえば神社がある。とりあえず、島にやって着たら散歩がてらにお参りするのがトロピコのルールである。 

※画像はマスヲ先輩より無断で転載しております。

www.move-wife.com

そうか・・・・・・

マスヲ先輩もここにサムシングを探しに来ていたのか。

そして誰も心に抱くサムシングとは何か・・・・希望とは何か・・・・

を見てきたのだな。

この島はトロピコだったのだな

 

 

そうしてみんな・・・・・

三分の一の純情な感情から三分の二の純情な感情ではない感情を探して

また旅に出るだろうな。

 

 

 

 

帰りのフェリーで僕は歌を歌っていた。 

www.youtube.com

 

僕は社会に惑わされず正直に好きに生きてい行こうと思いました。 

 

 

おわり(全員無視