腐ったみかんは俺かお前か

腐ったみかんは俺かお前か?

世の中腐っている。いや私か?私が腐っているのか?え?お前か?お前が腐っているのか?どっちが腐っているのかな?そんなブログ。

新しいスキルを手に入れる。ヨガの研修へ。


目覚まし時計に起こされた。

今日の目覚めは悪くない。

時間は6時だ。

朝食と洗顔、朝のニュースを見て、今日の予定を考える。

 

今日はやる気だ。

 

今日は研修があるのだ。

 

研修が私は好きだ。

 

確実に自分のスキルが上がるチャンスだからだ。

 

ふつうに生きていても新しい知識や能力は得られるとは思うが、

きっかけや考え、やり方を学ぶことができればもっと早く様々なことが得られると思うワケ。

 

だから今日は楽しみなのだ。

3日間の研修でヨガを学ぶ。

 

f:id:camelstation:20150209204826j:plain

 

今日は10時からスタートだ。

 

自宅から1時間ほどの場所だ。

時間に余裕をもって2時間前・・・8時に出発した。

友人と一緒に受けるので待ち合わせをしているのだ。

早めに現地について、ゆったりカフェをするのだ。

その後、ヨガなのだ。

最高の1日の予感だ。帰りにはきっとヨガファイアのひとつやふたつできるようになっているだろう。(ФωФ)フフフ・・・たのしみだぜ。

 

8時30分に駅に集合だ。

 

メールで連絡しながら電車のルートを検索しながら

乗り換えを繰り返す。

 

この電車に乗れば、友人との集合時間にちょうど間に合う。

 

 

8時30分・・・・

 

 

 

 

?おかしい。

 

 

ルート検索では時間通りに到着するはず・・・

 

 

なのに・・・

 

全然違う名前の駅についてしまった・・・

 

 

 

なぜだ!

 

 

ハッΣ(・□・;)

 

 

 

反対車線に乗ってしまった

 

すごい勢いで目的地から遠ざかってしまった・・・・

 

友人はもう先に行ってしまった・・・。

 

 

時間は9時。本来なら現地に到着している時刻だ。

 

再度電車を検索した結果・・

 

駅に到着するのは9時55分。

 

 

9時55分!!!

 

はっひゅーん

 

場所は駅から徒歩5分すぐ目の前のビルの7階、営業をしていないので、エレベーターは6階までで止まる、非常階段で2階上の8階まで上がり、更衣ロッカーで着替えて7階のAスタジオに集合。

 

フフフ・・

 

フハハハ・・・

 

その工程を駅到着が9時55分なのだから、

 

無理だ

 

たぶん無理だ

 

そもそも到着が9時55分なのだ。

 

駅からスタートでもきっと無理だろう。

 

大事な研修だ。ヨガの研修だ。

 

ヨガッ!

 

 

ヨガッヨガッ!

 

 

ヨガァァー!

 

 

ヨガテレポート!

 

 

 

っ・・・クッ・・・ダメか・・・。

 

駅についた瞬間ダッシュで駅から出る、まっすぐビルに向かって走る、

エレベーターに乗る6階降りる、8階にテレポート、一瞬で着替える

7階へテレポート移動・・・ダメだ・・・どうシュミレーションしても

間に合わない。

 

 

考えろ・・・。

 

 

 

もう30年以上この世に生を受けて生きているじゃないか・・。

 

 

考えるのだ。

 

 

( ゚д゚)ハッ!

 

 

エレベーターからの時間がかかる。。。。

 

 

 

そうだ!

 

先に着替えていれば一気にスタジオまで移動すればもしかしたらもしかするだろう。私が今まで生きてきて学んだ事は信じる事だ。自分を信じる自分を信じろだ。

 

 

 先に着替える。

 

 

着替える!

 

どこで!

 

 

そうだ!駅のトイレだ!!

 

次の乗り換えで5分空いている。

 

その瞬間トイレにダッシュ、一瞬で着替えるだ。

 

 

 

駅に到着!

 

ダッシュ!!私はアバンストラッシュのソニックウェーブの如く

トイレに駆け抜けた!

 

 

 

!か、、、神様・・・・・

 

 

 

トイレが工事中で使えなくなってぃるぅぅぅぅぅー

 

 

クソ!クソ!!神様クソ!!

 

 

私はスタープラチナのごとく素早く繊細な動きで

 

駅の柱の陰でトレーニングウェアに着替えた(2名に裸を見られたが)

 

 

あー!!

 

 

あー!!あー!!精神鍛えててよかった!もう立ち直られへんし、もう帰りたい。かえって寝たいわ。

 

 

あぁー!!

 

 

あっあぁぁー!!

 

死にたいー

 

そのあとは半ズボンにコートという変態スタイルで電車に乗ることに・・・

 

 

うぐぐ・・・

 

 

 

うぐぐぐぐぐぐっぐ・・・・涙が出そうだ。。。

 

情けない・・・情けなさ過ぎて涙がでる・・・・・・・・・

 

 

変態・・・・変態だよ・・・・

 

 

 

そうして電車内で冷たい視線に耐えながら・・・・

 

 

運命の時・・・

 

 

 

9時55分。。。目的地の駅に到着だ・・・。

 

 

 

ドアの開いた瞬間に恥ずかしそうにしていた私の心はトランスフォーマーの如く変化し、

トランザムを発動したかのようにダッシュをかました。

 

 

神様は残酷だ。

 

 

 

出口を間違えた・・・・

 

 

 

 

 再度改札に侵入しまた出口へ・・・。

 

 

 

 

 

 

か、神様・・・・

 

 

 

 

 

駅員に止められる。通り抜けができないダトッ!

 

 

ふ、ふざけるな!

 

 

そう心で思いながらも通行料金を支払いダッシュだ

 

 

 

 

 

 

か、かみよ力をあたえたもれ・・・

 

 

 

 

 

非常階段を7階まで駆け上がる・・・・

 

 

到着はjust10時。

 

 

 

心臓がバクハツしそうだ。

講師はすでに来ているが、まだ始まっていないようだ。

空いてる席は一番前のど真ん中。

私は黒子のバスケの黒子君の如く、気配を消し、あたかも初めからいたかのように

ど真ん中の一番前(講師の目の前)に座った。

片手に革靴を持ちながら・・・

そっとそれをスタジオの端に隠した・・。

 

早まる呼吸を必死に抑え、カラダから吹き出す汁をまき散らしながら、

私は誰よりも決意と使命に燃えた眼差しを講師に向けた。

 

そう、私は今日・・ヨガの境地を会得しにきたのだ。(白目